2013年02月21日

全労済の保険の特徴など



全労災のメリット
なんといっても、掛け金が安くて、今まで医療保険などに加入していなかったというひとにとっても、手軽に入ることができるような支払い金額になっています。ですから、今まで医療保険など考えてみいなかった、という人は、ためにし、全労災に入るというのも、あるいはいいかもしれません。

全労済のデメリット
デメリットは、補償内容が、民間の保険会社に比べるとやや薄いということです。ただし、ほかの共済が、高齢になってから、75歳以上や80歳になったときに、保障が非常に薄いのに比べて、全労済は、終身介護プランや終身医療プランなどもあります。ですから、プランを選ぶことによって、共済にありがちな、高齢での保障を、自分の希望によって充実させることが可能になります。もちろん、その場合は、支払い金額も、上がりますので、その辺は詳しく自分でしらべてみるなり、ファイナンシャルプランナーに相談するなり、全労済に問い合わせてみるなりして、確認しましょう。それぞれのプランによって、支払い金額が変わってきます。

ここでは、全労済のメリットとデメリットをご紹介したいと思います。
共済は、どうしても、メリットとデメリットが、非常に両極端に混ざり合っているという感覚があります。ですから、加入も気軽にできるものの、保障が物足りないと思われる方も、いるかもしれません、全労災に入る場合も、ぜひ、民間の保険会社の医療保険とよく比較してみたり、あるいは、ほかの共済と比較してみることが大事になります。もし、あまり保険についての知識がないのだけれども、全労済への加入を考えているという場合、ぜひ一度、ファイナンシャルプランナーに相談してみるといいでしょう。

posted by のんべ丸 at 11:52| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。